四国一周10日間2022-11 8日目 鳴門駅から高松へ

2022年5月5日(祝木)

7:30 朝食はパン一択でおかわりなし。
スープ、コーヒー、ソフトドリンクは好きなだけ。
DSCN1153-.jpg
ホテルの窓からの眺め。
これから登る眉山(びざん)を望む。
DSCN1160-.jpg
阿波おどり会館前の公園。
笠を模した屋根が可愛い。
DSCN1164-.jpg
眉山に登るロープウェイ乗り場は、阿波おどり会館の建物3階にある。
DSCN1187-.jpg
ロープウェイ乗り場はどこだ?と山からのロープをたどったら、どうやら建物の中につながっているらしいことを隊長が突き止めた。
9:10 眉山から吉野川を望む。
IMG_0433.jpg
怖ッ
DSCN1183-.jpg
登りも下りも青いロープウェイになっちゃった。
DSCN1184-.jpg
エレベーターで降りる時、2階で降りた方がいて、扉が開いたら人形があった。
DSCN1185-.jpg
その時はそのまま階下に降りたが、この人形を撮るために、また2階に上がって写真を撮った。
躍動感があると思う。
2階では阿波おどりの公演があるようだ。

阿波おどり会館からホテルへ戻る道。
9:45 一瞬、ロサンジェルスに見えない?
DSCN1190-.jpg
アーケード街
朝早いのでお店はほとんど開いていない。
DSCN1192-.jpg
ホテルの入口
DSCN1162-.jpg

DSCN1194-.jpg
9:55 ホテルをチェックアウト
要らない荷物を自宅に送りたかったが、ホテルが宅配の取り扱いをしていなかった。
せめてダンボールを調達したかったけれど、昨夜フロントの人が探してくれたがなかった。

チェックアウトして徳島駅に向かう途中、クロネコさんとSAGAWAさんのトラックが止まっていたので聞いたが、ダンボールは積んでいないと言う。
コンビニに聞いてもダンボールは置いてない。

たった1枚のダンボールを手に入れるのが、こんなに難しいなんて。
郵便局を探してまでという気にはならず、今日1日、要らない荷物を持って移動しなければならない。
次回はゆうパック用紙袋を持っていくべきか。

一瞬、セーヌ川に見えない?
DSCN1196-.jpg
セーヌ川に行ったことないけど。
新町川水際公園 しんまちボードウォークというらしい。
きれいに整備されていて、街灯もおしゃれ。
DSCN1199-.jpg
先ほど登った眉山を振り返る。
DSCN1203--.png
後藤田まさずみ氏
女優の水野真紀さんの伴侶だが、徳島が地盤だったのか。
DSCN1204-.jpg
10:10 徳島駅
DSCN1206-.jpg
徳島駅前
DSCN1210-.jpg
鳴門の渦潮を見に行くのに、列車を利用する予定だった。
ただ、鳴門駅に着いたら鳴門公園行きのバスに乗り換えて、という手間がある。
徳島駅から直にバスで行けるなら、それに越したことはない。

すると、バス乗り場に鳴門と表示されたバスが止まっていた。
女性運転手さんに聞いてみると、このバスも鳴門方面には行くが乗り換えなければならないので、バスの案内所で聞いた方が良いと言われた。

乗り場の一角に案内所があり聞いてみると、10:50に鳴門公園行きがあると言う。
先ほどの女性運転手さんにその報告をし、チケットも案内所横にある券売機で購入して準備万端。
バス乗り場16番(徳島駅を背にして左側にある)から、鳴門公園行きのバスが出るので行く時の参考まで。

10:50 鳴門行きのバスに乗る。
DSCN1212-.jpg
11:30 鳴門駅を通過。
12:10 鳴門公園に到着。
徳島駅から1時間20分の乗車だった。
停留所の近くにある福池商店で、荷物を預かってくれる。
DSCN1217-.jpg
階段を上ると大鳴門橋が見えてくる。
DSCN1218-.jpg
船も出ている。
DSCN1223-.jpg
12:20 昼食
人がいっぱい入っている方のお店に入りたかったのに、なぜか隊長が別の店に入った。
この店でわかめうどんを食べたが、うどんのことはさて置き、観光気分に水を差されるような気分(主観)になって残念に思ったので、これ以上のコメントは差し控える。
なぜこの店に入ったのかと後々責められる隊長。
DSCN1225-.jpg
この日は大潮ではなく中潮。
14:30が見頃で前後1時間半は何とか見えるらしい。
まだ13:00なので、少し時間が早い。
DSCN1242-.jpg
私が見やすいと思って参照した潮見表はこちら
13:00  橋の裏側と橋脚部分
DSCN1243-.jpg
大きい建造物を見ると、これを作った人間ってすごい、と思う。
DSCN1253-.jpg
ガラス張りの床
DSCN1252-.jpg
13:20
DSCN1257-.jpg

DSCN1258-.jpg

DSCN1266-.jpg
13:35 渦を撮りたいが、同じような写真ばかりに。
DSCN1276-.jpg

DSCN1277-.jpg
13:35 片足だけのせてみる。
DSCN1280-.jpg
両足のせてみた。
DSCN1281-.jpg

DSCN1279-.jpg
↓ 展示してあった写真。
DSCN1282-.jpg
みごとな渦潮。台風の衛星写真にも見える。
13:45 渦の道を出る。
DSCN1285--.png
14:30が見頃とのことだが、橋の上にいたのは13:00~13:40くらい。
水面は泡立っているけど、渦にはなっていなかった。
入った時より戻ってくる時の方が、泡立ち部分が大きくなってきてはいたけど。
橋の上は風が強くてちょっと寒かったので、夏以外は羽織るものを持って行った方が良いかも。
14:00 船は鳴門側だけでなく、淡路島方面からも来ていた。
DSCN1290-.jpg
14:15 バスで鳴門駅へ。
DSCN1294-.jpg
四国のたいていの路線バスは現金のみ。
行先によって運賃が変わり、前方に表示されるが小さくて見えないため、前もって準備しづらい。
ICカードに慣れている身としては非常に面倒。
効率化のためにも何とかならないものか。
15:03 JR鳴門線 普通 鳴門駅から池谷(いけのたに)駅へ。
DSCN1291-.jpg
15:21 池谷駅に到着
DSCN1296-.jpg
池谷駅に止まっていた徳島行きの列車。
DSCN1295-.jpg
15:32 JR高徳線 特急 うずしお20号に乗って高松方面に向かう。
DSCN1297-.jpg
16:24 栗林駅に到着
DSCN1301-.jpg

DSCN1300-.jpg
16:30 栗林駅 外観
DSCN1302-.jpg

ここから琴電に乗るか循環バスに乗ろうと思ったのだが、なぜか歩くことに。
私は昨日、金刀比羅宮に行った日から足を痛めていた。
たぶん靴底が薄いために、衝撃がかかとにきたかもしれない。
左足を引きずって歩くことしかできなくなっていた。
以前10㎞マラソンに出る予定で、薄い靴底の運動靴でアスファルト道路で練習していたら、同じようなことになった。

なのになぜか歩くことに。
ちょっと待てばバスに乗れたのに。
タクシー乗り場も通り道にあったのに。
このことについても後々責められる隊長であった。

17:25 55分歩いてパールガーデンホテルに到着。
3階の部屋だった。
DSCN1306-.jpg
バス・トイレ別
DSCN1309-.jpg

DSCN1310-.jpg
洗面所も別で女優ライト付き
DSCN1317-.jpg

DSCN1314-.jpg
水とクッキーが置いてあった。
チェックイン時にフロントでも、お菓子の詰め合わせをもらった。
DSCN1316-.jpg
地獄の歩行で疲労困憊。
このホテルは、琴電の片原町駅からは歩けそうだけど、20分以上かかるかも。
バスならことでんのレインボー循環バスやまちなかループバスというコミュニティバスが近くまで来るようだ。

すぐそばに飲食店がある感じではなく、もう一歩も歩けん!という状態だったので、隊長がイオンに買い出しに行く。
19:20 夕食
7種具材の海鮮丼
DSCN1319-.jpg
かんぴょう巻
DSCN1321-.jpg
いなり寿司
DSCN1325-.jpg
海の幸たっぷり明太子サラダ
DSCN1328-.jpg
ポテトサラダ
DSCN1332-.jpg
高松には2泊することが決定していたので、わりと早い時点でホテルを予約できた。
旅の最後は良いところに泊まろう、と予約した今日のホテル。
たどりつくまでは大変だったが、居心地は良い。
1日中持つ羽目になった要らない荷物も、やっと送ることができた。


2022年5月5日(祝木)

8日目の行程
徳島駅→鳴門公園→鳴門駅→栗林駅

8日目の支出
【交通費】
バス 徳島駅→鳴門公園 720x2
バス 鳴門公園→鳴門駅 320x2
列車 鳴門駅→池谷駅 220x2
列車 池谷駅→栗林駅 2,280x2

【宿泊費】
6,000x2

【食費】
わかめうどん 600
めかぶうどん 650 

イオン
 7種具材の海鮮丼 498
 かんぴょう巻き 230
 いなり寿司 128
 海の幸たっぷり明太子サラダ 298
 ポテトサラダ 198
 カール 3袋 263
 さきいか 298
 ビール 178
 割引 145
計 2,105 

【その他】
眉山ロープウェイ 往復 1,030x2
福池商店に荷物を預ける 500
鳴門公園内 渦の道 510x2
宅配料金 1,800
箱 230